5秒で就寝準備OK!ミニマムな快適寝具「クローズドセルマットレス」が最終的にやっぱり最高

ども、ヤッピーです。
1日遊んだ体を休め、翌朝の英気を養うのに大切なキャンプの睡眠時間。
そんな元気チャージの安眠のために必要なのが、寝袋と下に敷くキャンプマット類。
マットの種類はエアマットやコット、インフレーターマットなどがあり、寝心地や構造、価格も様々です。
いちにの家では、「エアマット」「コット」「インフレーターマット」「クローズドセルマットレス」を試しました。
そんな中でヤッピーがベストではと思うのが…「クローズドセルマットレス」!
今回はその理由と、おすすめアイテムをご紹介してまいります。
それではどうぞ!

クローズドセルマットレスってどんなもの?


クローズドセルマットレスというのは、気泡を含ませたポリエチレン(ウレタン)のマットレスの総称です。
立体構造で厚みがあり、粘り強い柔らかさのあるマットレスです。
キャンプの寝る時以外にも、ピクニックなどで座布団がわりに使ったり、災害時には避難所で過ごす時にも効果的。
敷くだけで快適に寝れるスペースができる優れものです。

選ぶ時のポイントは体格に合った大きさと厚み、そして収納方法と適合季節をチェック。

大きさはそのままですが、身長よりも大きなものを選ぶのが快適に過ごすポイント。
サイズに余裕があると端を畳んで「枕」にもできますしね。

厚みも、厚ければ厚いほど地面の凹凸を感じにくくなり寝心地がアップ。
ただ厚みと防寒性能・遮熱性能は別なので注意が必要です。

収納方法は大きく2つ、「巻く」タイプと「畳む」タイプがあります。
巻くタイプは大きな1枚ものなので耐久性が高く、寝転んだ時の安定感も◎。
ただ収納時に巻きクセがつきますね。
畳むタイプは収納がとてもコンパクト!
クセもつかないので使いたい時に広げればフラットな寝床が即完成です。

マット独自なのが「適合季節」。
R値というもので、快適に過ごせる季節を表します。
値が大きいほど遮熱性能が高くなり、春〜秋はR2~4、冬はR5~6が目安の数値になります。
秋までのシーズンでも寒さが気になる時には、フロアに遮熱性のエマージェンシーシートなどを敷いても効果的です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【防災マット】《アルミ ロールマットの折畳みタイプ》レジャーマット Lサイズ幅1m(長さ1.85m)U-P848 レジャーシート アルミマット アルミシート 銀マット ヨガマット アウトドアマット 遮熱シート 折りたたみ テント用 ピクニック BBQ バーベキュー キャンプ
価格:1128円(税込、送料別) (2022/9/19時点)

楽天で購入

 

ここが便利!キャンプマット

コットやエアマットなど、他のアイテムと比べてキャンプマットはどこが優れているのか。
ヤッピー的に大きいのは「手軽さ」そして「寝心地」です。

手軽さは分かりやすいですね。
組み立て不要なキャンプマットは展開も撤収もスピーディ!
基本、広げて上に寝袋を置いたら完成です。
これがコットを組み立てたり、エアマットを膨らませたりするのはなかなか大変。
インフレーターマットは使う時はラクなんですが、収納時に空気を抜くのが結構大変で。
組み立ていらずのキャンプマットはとにかく準備も片付けも手軽なのが最高!

そして寝心地。
意外かもしれませんが、エアマットやコットは寝ていてちょっと不安定な面があります。
構造によっても変わりますが、それぞれに独特の浮遊感がありますね。
個人的には地面に直接ごろりと寝転んでるような安心感があるマットが好みでした。
地面が凸凹していてもマットのおかげで気にならず、適度な弾力で寝ていても快適!
寝相の悪い方でも落ちる心配がなく安心です。

エアマットやコットは普段ベッドで寝ている方には寝やすかったり、地面から離れているので冷気が伝わりにくいメリットもあります。
真冬などはマットと組み合わせて使うこともできますよ。

ここが残念?キャンプマット


キャンプマットの残念なところ。
唯一のそれは…「映えない」ところ。
地味なアイテムで、さらに寝袋の下に隠れてしまうので見えません。
直接寝転んだり座ってもOKなのですが、ウレタンぽい地味な見た目は映えません…。
コットなどならベッドメイキングが出来たりするので映えやすいのですが。
テントのリビング一面に敷くとごろっとみんなで寝転べる快適空間が出来上がりますが、大体その上にはラグを敷きますね。
快適空間を作る縁の下の力持ち、自身はあまり前にも出ないし映えにくい、いぶし銀的な渋いアイテムです。

ヤッピー的おすすめ!キャンプマット5選

いろんなブランドから発売中のキャンプマット。
ヤッピー愛用中のものをはじめ、おすすめを集めてみました。
参考になれば幸いです!

アースカラーが好印象!AND DECO「アウトドアマット」

流行を押さえたオシャレな雰囲気で大人気なAND DECO。
地味になりがちなアウトドアマットでも、今風なキラリと光る個性が出ています。
オリーブなど落ち着いたアースカラーのカラバリがイイ感じですね。
見た目だけかと言われたらそんな事はなく、使い勝手のいい蛇腹式と20mmの厚さは同価格帯の他社アイテムと比べてもかなり優秀!
これで1枚2000円以下は脱帽です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【もれなくP5倍★本日20:00〜23:59】 アウトドアマット マット シートシート 折り畳み 断熱 撥水 防水 厚手 ポリエステル 一畳 アウトドア ピクニック 運動会 遠足 キャンプ 軽量 コンパクト アウトドア おしゃれ かわいい ファミリー シンプル おすすめ一覧
価格:1999円(税込、送料無料) (2022/9/19時点)

楽天で購入

 

アルミ蒸着仕様で耐久性・遮熱性能アップ!ネイチャーハイク「キャンピングマット」

コスパも高く、使い勝手のいいアウトドアアイテムを出しているのがネイチャーハイク。
こちらのキャンピングマットの特徴は片面がアルミ蒸着仕様になっている事。
アルミ面を地面に向ければ地面の熱を遮断し、涼しく過ごせます。
逆にアルミ面を寝袋側に向けると体温を反射して保温効果がアップ!
季節に合わせて快適な使い方が選べるマットです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【NatureHike】 (ブルー) 折りたたみレジャーマット 185x56cm 裏面はアルミ加工で防水仕様/保温効果 極厚 キャンピングマット サーマレスト 厚手 大きい マット 折り畳み コンパクト ヨガマット レジャーシート アウトドア キャンプ 屋外 屋内
価格:2805円(税込、送料無料) (2022/9/19時点)

楽天で購入

 

大判の安心感!ファミリーのリビングに使いたいWAQ「キャンプマット ダブル」

家族のキャンプで子供が小さいうちは、川の字で並んで寝るのが定番。
子どもを間に挟んでおかないと、どこに転がっていくかわからないから…というのはわが家のハナシ。
ともあれクッションのある広いスペースがあるとキャンプでは助かります。
複数枚のマットを並べてもいいんですが、並べる前提ならWサイズの大判マットが便利!
ソロで使う時には半分に畳めば厚さ2倍のリッチなマットになります。
大人2人+幼児1人がちょうど収まるサイズ感ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【高評価レビュー4.59!】 キャンプマット レジャーマット 極厚 暖かい 大きいサイズ 2人用 ダブル 5人対応 折りたたみ 軽量 コンパクト 防水 収納バッグ付き アウトドア BBQ キャンプ 登山 ヨガ 防災 釣り 運動会
価格:5980円(税込、送料無料) (2022/9/19時点)

楽天で購入

 

キャンプマットの代名詞!サーマレスト「RIDGEREST CLASSIC」

1972年の創業のアウトドアブランド・サーマレスト。
アウトドアフィールドで快適な夜を過ごすために特化したアイテムを様々に展開しています。
そんなサーマレストのキャンプマットの中で最もベーシックなものがこの「RIDGEREST CLASSIC」。
考え抜かれた厚みと弾力性、パターンが快適な夜を過ごさせてくれるはず。
これはヤッピーも愛用中!
しっかり安眠できるのですが、蛇腹ではなく巻いて収納するタイプなので「巻きグセ」がつくのだけが気になるポイント。
使う時には日中、逆に巻き直してクセを取ってから使ってます。
R値は2、春夏など暖かい時期向きのアイテムです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サーマレスト マット クッション 寝具 THERM-A-REST RIDGEREST CLASSIC REGULAR 6432 Charcoal 軽量 折り畳み クローズドセル thermarest コンパクト ソロキャン ブッシュクラフト ツーリング 車中泊 キャンプ アウトドア レジャー
価格:4200円(税込、送料無料) (2022/9/19時点)

楽天で購入

 

折りたたみ仕様でさらに便利に快適に!サーマレスト「Zライト ソル」

同ブランドのシリーズ中・最軽量モデル。
軽いですが独自パターンによる寝心地はそのまま、アルミ蒸着仕様により遮熱性能も20%アップしました。
収納もコンパクト。
これがあると、どこでも快適に寝転べます。
日常のごろ寝に使うと幸せです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【クーポン配布!9/20まで】 THERMAREST(サーマレスト) Zライト ソル R シルバー×レモン 30670
価格:9570円(税込、送料無料) (2022/9/19時点)

楽天で購入

 

身軽なファミリーキャンプにおすすめ!キャンプマット

その手軽さや軽さ・寝心地でミニマムキャンパーや登山キャンパーの必需品になっているクローズドセルマットレス。
手軽さと寝心地を両立させたこのアイテムはファミリーキャンパーにもおすすめ!
おすすめポイントは

・設置も片付けも簡単
・値段も比較的手頃
・鋭利な部分が無いので小さな子どもにも安心

ですね。
家族分の準備も撤収も簡単で、コットやインフレーターマットと比べてお値段は手頃です。
サーマレストなどR値もしっかり設定されたブランド品はそれなりに価格が上がりますが、冷え込みのない時期なら汎用品でも問題なしです。
コットは金属部品や組み立て部分があるので、幼児に使わせたりするには若干の不安があります。
このマットレスは細かい部品も無い「マットレス」なので怪我の心配が少なくて安心感があります。

キャンプで寝るにはコットなどしっかりしたアイテムが必要では…と思いがちですが、キャンプマットでも案外快適!
畳で寝転んだりするのが好きな方には断然こっちがおすすめです。
地面に直接寝転がるという安定感、安心感がハマると、これに体が馴染んできます。
アウトドアショップや登山用品店でも必ずと言っていいほど取り扱いがあるので、気になる方はぜひ一度寝てみてくださいね。

 

ヤッピー
では今回の一句
広げれば そこは極楽 さあ寝よう
※1泊のキャンプの時に、何台もコットを組み立てたりする時間って勿体無くって。

最後まで見ていただきありがとうございました。
あなたのアウトドアライフが、素敵に楽しいものとなりますように!

広告
この記事が気に入ったらいいね!しよう!