いちにのきゃんぷ

アウトドア超初心者家族の行ったキャンプ地や使った道具の感想、観光情報、作ったものなど家族で遊べる情報を発信しているサイトです。

キャンプ キャンプで準備したもの

初テント!DODのワンポールテントT5-47-BGを実際張ってみた、中の様子などのレビュー!

投稿日:2019年10月19日 更新日:

まいど、やっぴーです。初テントが決まった我が家、早速オンラインで購入しました。
いざテント泊!の前に、ちゃんと建てられるのか心配だったので以前の記事のようにデイキャンプで練習したりしましたが結論から言うと、かなり簡単に建てられました!今回は実際の建てる様子を写真とともにレビュー!どうぞご覧ください。

DOD ワンポールテント T5-47-BGとは

DODのワンポールテント、設営も撤収もかなーり簡単です!
地面にテントを置いてペグを打ち、中にポールを立てる「だけ」
5〜10分で設営が出来てしまう、何かとばたつく初心者キャンパーに嬉しい仕様。


サイドのブランドロゴがほどよくかわいい。

付属のニンジン色のペグもかわいい。(それにしても強引な打ち方)

DOD ワンポールテント T5-47-BGの詳しい性能

たたむと超コンパクトなのが嬉しい!


片手で軽々もてますよ〜!!


DODより引用

お値段もお安いので、うちのように本格的にやるというよりゆるい感じでアウトドアを試してみたい方にオススメのテントです。
こちらのテントの詳しい説明は以下の記事にまとめてますので興味があれば参考にしてください。

DOD ワンポールテントを実際立ててみたレビューと注意点

まず貼る場所の大きな石や枝などを除いて、専用グランドシートを敷きます。
ベテランさんになるとブルーシートやタイベックシートを使われたりしてますね。

その上にインナーテントを載せます。この時、入り口の位置を確認しましょう!
ざっくり置くと、あれこんなところに入り口が…となります(よくやりました)

グランドシート、インナーテント両方のロープをペグで固定して、中にポールを立てると…テントの形に!
このあたりでムスメが中に入りたがります。

その上にフライシートを被せて、角のロープを打ったペグに固定して完成!かんたんです。
(インナーテントに入りたがるムスメと遊びながら建ててたら写真撮り損ねたので過去のものから)

サイズ感のイメージは、こんな様子です。5人用ということですが、かなりコンパクト。
中にはDODのコットを2台置いたら結構ぎゅうぎゅうです。(僕ヤッピーは入り口の隅に寝ています笑)

DOD ワンポールテントの使用感やサイズなどまとめ

けっこうぎゅうぎゅう

我が家は軽さ重視、最低限のコンパクト仕様ということでこのサイズにしましたが、
もう1サイズ大きいものでも余裕があっていいかな?と思います。
収納もコンパクトで軽量、建てるのも撤収も簡単。初心者でも簡単に立てられました。タープの方が難しかったくらいです。
ワンタッチテントも魅力的ですが、重さと撤収の手間が気になるので
断然こっちかなーーと個人的に思います。
DODのワンポールテント T5-47-BGのレビューでした。
みなさんのテント選びの参考になれば嬉しいです。
それでは、よいキャンプライフを!







-キャンプ, キャンプで準備したもの
-

執筆者:

関連記事

子供が深夜に鼻血ブー!事件。 子連れキャンプの怪我、病気にどう対応する?

どんぐり嫁です。 キャンプは楽しいけど、まだまだ小さい子供。急な病気や怪我はとても心配です。 興奮しすぎたのかうちの子はキャビンで就寝した後、深夜に鼻血を出してしまいました。 この記事の目次 1.深夜 …

初心者キャンパー アラフォー女子の初めて1人で火おこしやってみました

火おこしは男の仕事というイメージですが、奥さんが火おこしできれば、随分効率的になるし ママ友とのBBQ大会でも火おこしできるって女子ってカッコいい! そもそも男に頼りっきりのキャンプは嫌!っとのことで …

キャンプレポ!小川あり、遊具ありこじんまりした丹波篠山渓谷の森公園にいってきた

こんにちわどんぐり嫁です。 天気予報は晴れとなっていましたが、まだまだ寒い3月下旬。 とうとうテントを買った我が家、どうしてもテントを張って全貌をみてみたい。 丹波篠山渓谷の森公園でデイキャンプに行っ …

キャンプ用品を買う前にまず、メルカリで我が家の不用品を売ってみた結果。

  こんにちわ。どんぐり嫁です。 キャンプ用品をいざ揃えるぞ!と思った時に、まず我が家がやったことは、実はキャンプ用品を収納するスペースを確保することでした。 もともと、物が増えるのが嫌!使 …

大人のキャンプ場、杜のテラスの夜はライトアップがオシャレで素敵だった。

こんにちは、ヤッピーです。 すっかり冬にり、夜の長い季節になりました。 キャンプに行っても、夜どう過ごすかは重要ポイント。 上質な夜時間といえば思い出すのが能勢のキャンプ場「杜のテラス」ですね。 今回 …

新着記事