SUPと湖水浴を満喫!夏がたのしい琵琶湖・白ひげビーチキャンプ場

ども、ヤッピーです。
琵琶湖といえば関西で有数のリゾート地。海と違って琵琶湖の「湖水浴」はべたべたしないので、マリンスポーツの場所としても人気です。
その周辺にもキャンプ場がいろいろありますが、今回は「白ひげビーチキャンプ場」にて初キャンプ。
アクティビティも満喫してきましたので、キャンプ場の様子と合わせてレビューいたします!

最高のロケーション!琵琶湖畔のキャンプ場


白ひげ浜 水泳・キャンプ場(白ひげビーチ)に到着。場所は滋賀県高島市です。
最寄駅はJR湖西線・近江高島駅で徒歩約20分とのこと。電車で来れるのは嬉しいですね!


入って右側には駐車場が。受付を済ませて車を止めます。
コテージには車を横付けできますがテントサイトに車を入れるのはNG。
ですがテント宿泊者はサイト側に車を優先的に止められますし、荷物運び用の手押し車が数台用意されています。


入り口からまっすぐ行くとそこは…


BIWAKO!


左手にはアクティビティの水上アスレチック(ウォーターパーク)が。広い空と湖の風景が最高です。

白ひげビーチキャンプ場基本情報

チェックイン PM2:00  (アーリーチェックインは8:00から+1500円で可能でした)
チェックアウト AM11:00
日帰り 8:00AM~5:00PM
※8月9〜17日も休祝日前利用となります。
※10月8日(金)〜11日(月)は貸切利用のため、キャンプ場はご利用いただけません。

キャンプ場利用料金

日帰り ご宿泊
持ち込みタープ 1000円 1000円
持ち込みテント 1500円 3000円
バンガロー土日祝前日のご利用(空調有) 7500円 15000円
バンガローその他の日のご利用(空調有) 6000円 12000円

※ 施設利用料として1名様(小学生以上)500円。(宿泊数 120張)

白ひげビーチキャンプ場はこんなところ!場内を回ってみた


さてそれでは場内の紹介です。全体の配置はこんな感じ。


駐車場の前には管理棟!海の家感があってオシャレです。売店もこちらに。
夏の時期(訪れた時期)は日中〜20時頃まで表に誰か常駐されているので安心感があります。


BBQに必要な網や炭などを中心にラインナップ。薪もありました。


その横には「BEACH CAFE」が。軽食やアイスクリームなどを売ってました。かき氷は夏季限定かな…ロックアイスも売ってました(500円)


カフェでは夏らしいアイスをチョイス!


娘はかき氷!夏感満載です!


炭捨て場は管理棟横に。定番の形ですね。


裏手にはBBQの洗い場とカマドが。


案内看板もマリンテイストでオサレ!
設備は管理棟周辺に集合していて、シャワーとトイレ、湖水浴場ならではの脱衣所が集まってます。


シャワーは湖水浴仕様のオープンな感じ。水着を着て使います。
湖水浴に来てる日帰りの方も使うので、夕方は順番の列が。


カランとシャワーのみ!シンプルです。


シャワーの横には更衣室が。


除菌用のスプレーはあちこちに置いてありました。


マリンな感じのオブジェがあちこちにあって気分が盛り上がります!


自販機は4基。ソフトドリンクのみですが、いろんな種類があるのは嬉しい!


炊事場は3箇所。お昼の後なんかは食べ残しが流れ残ってたりしますが、管理の方の巡回も多くマメに掃除してくださるので比較的キレイ。


バンガローはこんな感じの空調付きワンルーム。3~4人の宿泊がちょうどよいみたいです。


コテージの目の前は広い浜と、そこから広がる琵琶湖。
車も横付けできるのでSUPなどを満喫したい方はこちらも便利でよいですね!
早朝、颯爽とボードを抱えて行かれる方がおられました。素敵!

テント泊はフリーサイト!こんな感じになってます


さて入り口から右側がテント泊のキャンプサイトになってます。防風林の大きな松が生えているので日陰が大きく真夏でも涼しい!
松ヤニがたまに落ちてくるのはご愛嬌。落ちてきてたら撤収時に消毒用エタノールでとれるので、掃除しておきましょう。


キャンプサイトは2段に分かれています。
右側が駐車場に近いエリア、左側が琵琶湖に面したエリアです。


右側は駐車場に近いので設営・撤収がラクですね。


琵琶湖に面したエリアは控えめにいって、最高です!
目の前に広がる琵琶湖はプライベート感ばっちり。気持ちいいです。


大きな松の下なので影も大きく涼しいです。タープは無くてもいけそうですが、琵琶湖側からの日差しが強いので張った方がベター。
地面はしっかりした砂地です。風が強い時があるので、タープなどのメインポールには30cm級のペグを使った方が安心です。
20cmペグで止めていたタープポールが風で崩壊しました。。


テントサイトから浜を降りるとすぐ琵琶湖。水に入りたいな〜と思ったらすぐに遊びに行けます。
ムスメは朝起きたらすぐ水に入りに行きました。カッパかと。


しかしこの透明度、無理もありません。
夏の日で暖められた水と、水流で流されてくる冷たい水がありきもちいいです。
浜もしっかりありますが、案外すぐに深くなるので注意は必要。子どもからは目を離さぬように。


目の前をSUPやバイクの方達が過ぎてゆきます…のんびり


琵琶湖が染まる夕暮れと…


夜は月明かりの下、湖と焚き火も楽しめます。
最高のレイクキャンプスポットですね!

水遊び満喫!充実のアクティビティもあるよ

最高のロケーションとともに、夏場の充実にアクティビティが白ひげビーチキャンプの魅力。
今回のキャンプでは「SUP」と「ウォーターパーク」を楽しんできました。
特にSUPは初体験。そしてヤッピーは泳げません。
しかし結果、楽しすぎて大満喫した38歳の夏の思い出。SUPたのしいよ。

SUP体験やウォーターパーク体験記事はこちら

関連記事

普段夫婦ともに、デスクワークで運動習慣も全くない今までもこれからもインドア夫妻のいちにの一家。いけてるリア充っぽいSUPなんてするわけないと思っていたのですが、夏の陽気のせいなのか? 結局、深層心理ではリア充に憧れていたのか? […]

関連記事

水上アスレチックと聞いただけで胸がワクワクしませんか? 子供とビーチに行って、このアスレチックを見ただけでやらないと言う選択はないほどゴネられるのがわかっていたので、事前予約してインドア夫妻と5歳娘と水上アスレチックを体験して来たというお[…]

その他にもフライボード(水を吹き出して空を飛ぶアレ)や、EMTB(本格的な電動マウンテンバイク)など様々なアクティビティがあります。1日では遊びきれないです!

近隣情報と交通情報など


さて白ひげビーチキャンプ場の近くのスポット、水上の鳥居(湖中大鳥居)が有名なパワースポット・白髭神社が有名ですね!
SUPなどのアクティビティでは鳥居をくぐることも。
神社は近江最古の大社といわれており、延命長寿白鬚の神・猿田彦命(さるたひこのみこと)が祀られています。


鳥居前は有名な映えスポット!写真待ちの方も多かったです。

最寄りのお店はコンビニと地元の大型スーパー「平和堂」があります。
MAP上では最寄りのコンビニ(セブンイレブン しらひげ神社前店)まで車で3分ですが、日中は渋滞気味なので往復で1時間ほどの覚悟が必要。
平和堂までは空いていれば15分ほどで行けます。

平和堂 あどがわ店
滋賀県高島市安曇川町西万木55番地

白ひげビーチキャンプ場に限ったことではありませんが、阪神間から琵琶湖畔へ行く際の大きな難関が「渋滞」。
こればかりはどうにもなりませんが、とにかくいろんな場所で混みます。滋賀に入ってから特に混みます。
2時間で行けるところが倍以上の時間がかかることも…出発時はとにかく早く、大阪からなら早朝5時台の出発をおすすめします。

まとめ!白ひげビーチキャンプ場


滋賀県・琵琶湖畔の白ひげビーチキャンプ場は、ロケーションと充実のアクティビティが最高!
キャンプ場としての設備は普通ですが、それを補ってあまりある魅力があります。
オンシーズンは水のアクティビティや湖水浴を楽しむのが前提!というか楽しまないともったいない。
オフシーズンは湖畔キャンプの静けさと広い風景を楽しむという感じでしょうか。水辺と砂浜で、くったくたになるまで子どもを遊ばせることができるのが嬉しい!

日中は琵琶湖で遊び、疲れたら湖の風に吹かれながらテントでゆるりと過ごす。
琵琶湖に面したキャンプサイトを確保できるかがカギですが、贅沢な時間が過ごせるキャンプ場です。
連泊の方も多いので、予約は休日の初日がベター。運次第では連泊組の撤収跡地が狙えるかもしれません。

長い渋滞などハードルはありますが、それを乗り越える価値はおおいにアリ。
白ひげビーチキャンプ場は素敵なロケーションで非日常を満喫できる、再訪したいキャンプ場でした!

今回一緒にグルキャンしたいさまるさんも動画で紹介してます。動画だとよりキャンプ場の情報がわかりやすくなっていますよ。是非、参考にしてみてね。

 

ヤッピー
では今回の一句
思い出は プライスレスだよ 琵琶湖畔
※人生楽しめと、琵琶湖が教えてくれました。楽しかった!!

最後まで見ていただきありがとうございました。
あなたのアウトドアライフが、素敵に楽しいものとなりますように!

広告
この記事が気に入ったらいいね!しよう!