いちにのきゃんぷ

アウトドア超初心者家族の行ったキャンプ地や使った道具の感想、観光情報、作ったものなど家族で遊べる情報を発信しているサイトです。

キャンプ

アウトドア初心者家族が行く!丹波のキャンプリゾート 森のひととき(1)

投稿日:2018年8月16日 更新日:

はじめましてヤッピーです。
娘2歳ではじめて家族で行ったキャンプでハマってキャンプブログを作ってみました。
こちらでは、そのキャンプに行くにあたって購入したもの、工夫したこと、
関西近辺のキャンプ場情報を素人目線で紹介したいと思います。
みなさんよろしくお願いいたします。

子連れキャンプしかもキャンプ初心者が最初に選んだのはやはり施設の充実だった。

今回8月に行ってきたのは兵庫県丹波市の「キャンプリゾート 森のひととき」
子供が小さくても我慢できる、ちょうどいいドライブの距離です。
そして行ってみたら、思った以上にアウトドア初心者家族には大満足の場所でした。


まず最初にここを選んだ理由は「施設の充実さ」
先に書いた通り、我が家にテントはありません。BBQグリルもありません。
持っているのは買い物用のソフトクーラーと、非常用の寝袋ふたつ。
レンタルなど、道具が現地に揃ってるのが絶対条件でした。
そして季節は夏。夜寝られるかが心配でした。
知人のベテランキャンパーさんからは、夏のオートキャンプ場で、同じエリアの人が暑くて寝れなかったのか
車のエンジンをかけて、エアコンつけだした人がいたらしく…
苦情を言いに行った話を聞いていたので。

僕は過去にテント泊の経験がありますが、妻と子供はなし。
そして今回、初回の印象いかんで今後の我が家でキャンプが根付くかどうかの有無が決まる…
という事で、保険をしっかりつける事にしました。
なので、条件は

・子供が小さいので車で1.5〜2時間以内で行けるとこ
・テントなど主な道具が無くてもOK
・電源の使用が可能(扇風機が使える安心感!)
・トイレがキレイ(これも奥さんのためには大事)

と探して、決めたのがこちらでした。

森のひとときはオートキャンプ、キャンプサイト以外にもコテージ、トレーラーロッジ、ホテルなど宿泊施設が充実。露天風呂も完備!

 



森のひとときHPより

今回は、やや価格は高めですがエアコン・トイレ・ベッド付き、weberのグリルとカマドまで備え付きのトレーラーロッジをチョイス。
川に面したロケーションでウッドデッキ付き、一番奥のスペースが予約出来たのでプライベート感も高め。
そして思ったより1家族1家族に用意されているスペースが広い!!これも高ポイントでした。
キャンプ慣れした方には笑われそうですが、快適装備のちょっとしたアウトドア体験ですね。
この季節に外で寝るのはどんなものかも体験してみたかったので、自立型のハンモックもレンタル(1200円)。
寝苦しければエアコンつければいい、というのはかなり安心で、こちらに決めました。

キャンプ場近くには道の駅、スーバーも充実しているので食材は現地調達でOKでした

私たち家族は事前に近所のイオンへ直行して網や使い捨ての食器、炭は調達しましたが、
森のひとときキャンプ場でも炭や虫除けスプレー、火ばさみ、花火やサンダルまで売っていて、こちらの売店はかなり充実していました。
食材はソフトクーラーの保冷力の不安と、現地のスーパーを見てみたかったので保留。
そのまま高速で丹波に向かいました。

春日IC降りてすぐには道の駅丹波おばあちゃんの里が。
14時前に着いた頃は、まだ野菜は売っていました。総菜の関係はおにぎりくらい。
名物らしい、美味しそうな黒豆のおにぎりがありました。買わずでしたが。。。
その後の情報によると、ここの食堂の蕎麦と卵焼きの巻き寿司が美味しいとか!
次回はここでお昼にしようかと思います。

食材の本命は、道の駅すぐ近くのスーパー「COCOMO」
落ち着いた雰囲気の、やや高級スーパーです。
珍しい焼き肉のタレ(モランボンのやつ)や焼き肉用の肉もしっかり置いてありました。
私たちが行った時の牛肉は和牛のみでオージービーフ、アメリカ牛はなし。
タイミング次第であるかもという若狭の魚も少しありました!
その他、冷凍ピザが炭火グリルで焼く方法とともに売られていたり。
この付近へキャンプ行く人の御用達な感じですね。
アルコールは特に地酒が充実。
このあたりの日本酒といえば、西山酒造場の「小鼓」が有名ですね。

買い物後は、いよいよキャンプ場へ!
実際のトレーラロッジやイベント体験をかいてます。
丹波のキャンプリゾート 森のひととき(2)へ続く

キャンプリゾート 森のひとときは
施設設備が整っているので初心者でも十分楽しめたキャンプ場だった


地図は森のひとときHPより

キャンプリゾート森のひとときは、キャンプ道具、食材などが一切なくても宿泊できるので気軽に利用できます。
様々なイベントを実施してたり、キャンプ場内に露天風呂もあるので初めてのキャンプでも十分楽しめる初心者向きのキャンプ場でした。
夏だと川遊び、ちいさい遊具もあるので子供も飽きずに遊べて時間が足りないくらいでした。

兵庫県丹波市市島町与戸字長尾52-1
舞鶴若狭湾自動車道「春日IC」より車で約10分

-キャンプ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秋キャン!琵琶湖沿いのリゾート感たっぷりのマイアミ浜オートキャンプ場 (1)

どうも、ヤッピーです。 すっかり秋めいて涼しくなってきたので、秋キャンプへ行ってきました。 場所は、夏場も大人気の滋賀県 マイアミ浜オートキャンプ場。 琵琶湖のほとりのキャンプ場はどんな感じでしょうか …

イベント充実!キャンプファイアがすごかった 森のひととき(2)

気持ちいい田舎道を10分ほど走り、現地に到着です。 チェックインと簡単な説明を受けて、いざトレーラーロッジへ! 車で横付けできるので荷物の移動は大変楽です。 トレーラーロッジの第一印象は…家族3人には …

子供が深夜に鼻血ブー!事件。 子連れキャンプの怪我、病気にどう対応する?

どんぐり嫁です。 キャンプは楽しいけど、まだまだ小さい子供。急な病気や怪我はとても心配です。 興奮しすぎたのかうちの子はキャビンで就寝した後、深夜に鼻血を出してしまいました。 この記事の目次 1.深夜 …

大人のキャンプ場、杜のテラスの夜はライトアップがオシャレで素敵だった。

こんにちは、ヤッピーです。 すっかり冬にり、夜の長い季節になりました。 キャンプに行っても、夜どう過ごすかは重要ポイント。 上質な夜時間といえば思い出すのが能勢のキャンプ場「杜のテラス」ですね。 今回 …

折りたたみコンパクトグリルは本当にお値段以上だった

こんにちは、ヤッピーです。 さて今日はキャンプに欠かせないグリルのお話を。 2回キャンプに持って行って、使ってみましたレビューです。 ・初めての我が家のグリルは何にしよう ・軽量、コンパクト、リーズナ …

新着記事