Colemanソフトクーラー アルティメイトアイスクーラーⅡで実験してみた

どうも、ヤッピーです。
愛用中のColemanソフトクーラー アルティメイトアイスクーラーⅡなのですが、
正直なところの保冷力(断熱力)はどのくらいあるのか、気になったので実験してみました!
冷凍したペットボトルを2本、中に入れてベランダに約24時間放置
さてどうなるでしょう。
 

Colemanソフトクーラー放置実験開始


現在薄曇りで22.9度。さてどうなるでしょう。


約1時間後、25.9度になりました。直射日光があたることも。


29度にまで上がりました。それではベランダでこのまま放置です。

Colemanソフトクーラー実験結果

さて約24時間経ちました!


今日は日差しもあり35.9度に。熱中症もレベルも警告となりました。


小窓から見てみると、まだ凍ってる…?


取り出してみました。
結果としては、2本とも半分ほど溶け、中に太さ4センチほどの氷柱が浮いている状態になりました。
庫内は全体としてはひんやり。
ただ直射日光を受けていたので、上の方はぬるく、常温に近い感じ。
上蓋は熱くなっていたので仕方ないですね。
直射日光に当たる場所に置くのはやめましょう。

いちにの家では底に保冷剤(LOGOS氷点下パック)を二つ入れて
隙間に小さい保冷剤を適当に入れていっていますが、
春キャンプでも翌日朝にはかなり溶けてます。


とはいえ朝食用のものしか残っていないことがほとんどなので
問題は無いけれど、肉などが残った場合にはもう少し保冷力が欲しいです。
なので、次回からは保冷剤を増強する予定です。
上にも保冷剤を置いて、冷気で食材をサンドイッチ。
これなら完璧では。

Colemanソフトクーラー アルティメイトアイスクーラーⅡまとめ


さてColemanソフトクーラー アルティメイトアイスクーラーⅡ。
30度以上の直射日光を受け続けても庫内温度は抑えられていたので
保冷力(断熱力)はしっかりある事が分かりました。

前回のレビューの通り、コンパクト収納はすごく便利なので
1泊メインのライトキャンパーさんにおすすめのアイテムです!

クーラーBOX関連記事はこちら↓