【豆知識】テントロープにカラビナを付けたら超絶便利になりました

ども、ヤッピーです。
何事もシンプルに、スマートに事が進むと嬉しいものです。
そういう風に物事を進めるには下準備が大切。
キャンプの設営もそうですね。

今回は3年ほど使ってダメージが増えてきたテントロープを新調!
それに併せてカラビナ仕様にしてみました。
設営・撤収や付け替えなども便利になるはず。
Amazonで購入した謎ブランドのガイロープセットのレビューも併せてまいります!

どうするのが便利?なにげに難しいタープロープ問題


テントロープやタープロープ(ガイロープ)はみなさんどうされてますか?
基本つけたまま、毎回結び直して仕舞うなど、いろんな方法があります。
ヤッピーのアウトドアの先生は、つけっぱなし+絡まないように編み込みという高等テクニックを使われてました。


↑これもいずれ出来るようになりたい…

タープにの設営には6本のロープが基本として必要になります。
たかがロープ、されどロープ。
6本で10m以上の長さになると何気に荷物としてかさばってきます。
タープの袋に一緒に収納しておくと絡まりがちですしね。
そしてタープが何枚かあったら、それ全部にロープをつけておくのか。
それってちょっと無駄じゃないのかと思ってました。

そう考えると、毎回付け外しするのがベストな気がします。
ロープがなくなるとタープのセットは布と棒なので収納もコンパクトに。
タープへの接続が簡単になれば簡単かも。
そこで今回、古くなったタープロープの新調に合わせて「カラビナ」で付け外しができるようにしてみたのです。

ラクそうなカット済み・自在セット済みのガイロープを買ってみた


いまタープに結んだままになっているロープはキャンプを始めた3年前に買ったもの。
泥汚れや擦れて切れたりほころんできた部分もあちこちと。
せっかく新しいことをするのでロープも新調しよう!
ということで色々調べました。

お手頃価格のキャプテンスタッグのガイロープや、OGAWA・テンマクデザインのガイロープも渋くてかっこいいです。
登山用品店のモンベルなどに行くと測り売りで必要な分だけカットして購入することも可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UA-4540【税込】 キャプテンスタッグ カラーテントロープ φ5mm×10m(オレンジ) CAPTAIN STAG
価格:880円(税込、送料別) (2022/6/25時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オガワ 張綱4mm 40m (ボビン巻) OGAWA 3133 ロープ ガイライン テント小物 パラコード 防災用品 キャンプ キャンパルジャパン アウトドア 【正規品】
価格:4070円(税込、送料別) (2022/6/25時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テンマクデザイン リフレクティブタープ用張綱 ブラック【Φ4.5mm×20m】
価格:1760円(税込、送料別) (2022/6/25時点)

楽天で購入

 

今回は一番手軽な方法・Amazonでカット済み・自在もセット済みのガイロープを購入するという裏技を使ってみました。
↓購入した商品はこちら

ブランド表記もないこのアイテム。
ただ評価はなかなか高いので、そこを信じてポチっとしてみました。


そして届いたガイロープセット。
価格は¥1,980(税込)でした。
内容は4mm×4mのロープ×10本、アルミニウム製自在金具x10個、収納袋×1枚です。
耐荷重は260kgとのこと。

単純計算で40m分のガイロープとアルミ製の自在、収納袋までついてこの価格はかなりお買い得では。
10本入りと聞いて構えましたが、思ったよりもコンパクトでした。


4mの束はこんな感じで巻いてまとめてあります。
カーキ色と表記されてましたがベージュに近い色合いです。


自在はアルミ製で黒色に塗装されています。
特に薄さは感じません。


4mmのロープは太すぎず細すぎずちょうどいい太さ。
反射材ワイヤーが2本編み込まれているそうですが、ガイロープ自体の外側がポリエステルなので、全体的に光を反射しやすいです。
とはいえ安っぽい光沢ではなく、ポリエステルの編み込みが質感としていい感じに効いています。
どんなサイトの雰囲気にも馴染みそうな色合いだと思います。


収納袋は思ったよりもしっかりしたものが。
「HIKEMAN」ブランドのロゴがデザインされています。


ロープをまとめて収納しておけばキャンプの時にも取り出しやすいですね。


4mm×4mのガイロープと自在が1本200円以下。
補助ロープなどは半分にカットして使えます。
この山盛りのボリューム感…質感もいいので、お買い得なアイテムと言えそうです!


カラビナは工具・工事用品の「TRUSCO(トラスコ)」ブランドのものを選びました。
参考価格は¥176(税込)で、線径5mmX50mm D型のものです。
手頃な価格ですがトラスコブランドという事で信頼性がありますね!
オレンジ色のアクセントがキャンプ場で落とした時にも探しやすそうだったのでセレクトしました。
100均にも豊富に売っていますし、もっと高い強度を求める方は登山用のものを選んでもよきです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【トラスコ TRUSCO】トラスコ カラビナ 線径5mm×50mm D型 ブラック TKN550BK
価格:99円(税込、送料別) (2022/6/25時点)

楽天で購入

 

 

いざ設置!カラビナでカシャっとタープを立てよう

では早速キャンプで実地実験!
DODのワンポールテントにBushCraftのオリガミタープを接続するいつものスタイルです。
ちなみに、ワンポールテントの頭頂部のループとタープを繋ぐ部分もトラスコのカラビナを使いました。


いつもはこうしていたタープロープ。
オリガミタープは袋が小さいのでそもそもロープが入りません。
紐同士が絡まっていたり、毎回結ぶのが結構面倒でしたが…


カラビナ仕様にするとあら簡単!
カシャっとひっかけるだけで接続完了です。
これは簡単&スマート!
いい感じです。


片付ける時はぐるぐるぐるっと巻いて、カラビナでまとめます。
こうして袋に入れておけばからまる心配もなくGOOD!


時折風が強く吹くキャンプでしたが、強度は特に問題なし。
途中で外れたりすることもありませんでした。

設営時も撤収時も簡単なので、取り付けや外して片付けは子どものお手伝いにもピッタリ!
カラビナをひっかけるのって楽しいので、案外嬉しそうにやってくれます笑


テントロープとカラビナの組み合わせ、まずは大成功!
タープを張る時の紐が絡まっていたりのストレスが、けっこう軽くなりますね!
見た目にもスッキリとかっこよく、良いことづくめです。
タープ購入時にカラビナ仕様にしておくとすごく便利ですね。
強度の不安が無いことはないですが、様子をみながら今後も使っていこうと思います!

 

ヤッピー
では今回の一句
便利さと かっこよさが 両立す
ベージュのロープと黒いカラビナ、黒いタープの組み合わせもお気に入りです。

最後まで見ていただきありがとうございました。
あなたのアウトドアライフが、素敵に楽しいものとなりますように!

広告
この記事が気に入ったらいいね!しよう!