最旬ランタン徹底比較!ゴールゼロ「Lighthouse Micro」&5050workshop「ミニマライト」

ども、ヤッピーです。
先日たまたま入手できたゴールゼロ「Lighthouse Micro」と、昨年のアウトドアイベントでムスメが欲しがって購入してから愛用している5050workshop「ミニマライト」。
どちらも大人気の旬なランタンですね!
二つ並ぶと気になるのが、正直どっちがイイの?ということ。
というわけで先日のキャンプに持って行って使い比べてみました。
それでは早速いってみましょう!

まずは基本情報を比べてみよう


写真右が左が5050workshop「ミニマライト」右がゴールゼロ「Lighthouse Micro」です。
ミニマライトもコンパクトですが、並べるとLighthouse Microの小ささが際立ちますね!

ゴールゼロはアメリカの携帯用太陽光発電メーカー。
あのベアボーンズを立ち上げたRobert Workman氏の設立されたブランドですね。
そんなゴールゼロが発売している小さなランタンが「Lighthouse Micro」。
2016年発売とやや年数が経ちましたが、令和になって大ブレイクしました。

対して5050workshopは株式会社TRYLの展開するアウトドアブランド。
東京都町田市に本社があります。
ブランドができたのは2020年と比較的新しめ。
トレンドに合った、気の利いたアイテムを多数発売しています。


ゴールゼロ「Lighthouse Micro」はシンプルなランタン。
2パターンの光量が選べるのみです。
フラッシュライト搭載のモデルもありますが、ヤッピーが購入したのは一番シンプルなもの。
とにかく小さいです。


対して5050workshop「ミニマライト」は小さいボディに多彩な機能を詰め込んだアイテム。
2種の光色と光量、フラッシュライト、モバイルバッテリーとして使えます。
がっしりとしたアルミ素材で、ギア的な存在感もあります。


一覧で見るとこんな感じに。
大きさではゴールゼロ「Lighthouse Micro」ですが、機能はミニマライトが優っている印象ですね。

いざキャンプ!使ってみた感じはいかに

どちらも優秀そうなランタン。
じゃあキャンプで使ってみたらどうだろう?
というわけで実際に持って行ってみました。
小さいので荷物の隅に突っ込んでいけて、便利ですね。


まずはゴールゼロ「Lighthouse Micro」。
これはとにかく明るい!眩しい!
この小ささで驚きの明るさです。
LOWモードでは明るさは変わらず光る面が変わる仕様。(ぐるりと円になるように配置されたLEDの片側だけ光ります)
やや白っぽい清潔感のある光です。
明るい!


そして5050workshop「ミニマライト」。
ランタンは暖色/ 温白色の切り替え式、フラッシュライトは光量を上げるか照射範囲を広げるか、選ぶことができます。
暖色は赤みがかった電球色で、温白色は柔らかいオフホワイトのような光でした。

キャンプの夜で使ってみた感じ、使い勝手だけで見ると同等ですね。
Lighthouse Microは光が下に向いているので眩しさが軽減されるというのはありますが、ミニマライトは発酵部が乳白色のシェードで覆われているので、そこまで眩しい!という感じではありません。
光の範囲も大きくは変わりません。
下向きに照らすLighthouse Microの方が照射範囲は不利かと思いきや、不思議と広範囲を照らしてくれます。
テント内照明のように、高いところから下を照らすような使い方が効果的ですね!
ハンガーもしっかりしていて丈夫。
ミニマライとはちょっと無くしやすいです(公式でアフターパーツも売ってます)。

結論!ベストバイはどっち?


さて、ではヤッピー的な結論をまいりましょうか。
使い勝手としては正直、どちらも同等です。
コスパとしてはフラッシュライトのついたミニマライトが優位ですね。
トイレに行ったり洗い物に行ったりと、夜の移動の多いファミリーキャンパー的には
明るいフラッシュライトが付いているのは嬉しいポイント。

対してLighthouse Microはとにかく小さい!そして明るい!
これ1つで小さなテント内の照明はOKなので、とにかく荷物を減らしたいミニマムキャンパーさん向けですね。
ハンガーが丈夫なので、ザックにひっかけておいてもOKです。
ミニマライトのハンガーは貧弱なのでちょっと心配。

一番違いが出たのは「光の色」
Lighthouse Microはシャープな白い光、ミニマライトは柔らかな光。
食べ物やキャンプの風景を「映え」るように照らしてくれるのは断然「ミニマライト」でした。
柔らかく全方位に照らしてくれるライトはいわゆる「美人ライト」
キャンプシーンを柔らかく演出してくれます。

対してLighthouse Microはシャープな明るさ。
照明として、しっかり見えやすく照らすのはこちらです。


ゴールゼロ「Lighthouse Micro」と5050workshop「ミニマライト」。
どちらもテーブルトップを照らしたり、プライベートなライトにしたりとファミリーキャンプでも活躍できるアイテムです。
購入に迷ったら、雰囲気を演出したいのか、しっかり明るく照らしたいのか、用途によって選びましょう!

 

ヤッピー
では今回の一句
ハンガーが 丈夫なんだよ ゴールゼロ
※太くてしっかりしたハンガーは、それだけで信頼感マシマシ。

最後まで見ていただきありがとうございました。
あなたのアウトドアライフが、素敵に楽しいものとなりますように!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『送料無料CP中』ランキング連続1位獲得 ランタン ハンディライト 5050WORKSHOP MINIMALight ミニマライト 2WAY トーチ キャンプ ギア アウトドア 2500mah モバイルバッテリー LED ハンギング 懐中電灯 長時間 USB 非常 防災 間接照明 暖 電球 ソロキャンプ
価格:2860円(税込、送料無料) (2022/2/11時点)

楽天で購入

 

新作はリモコン付きだと…!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【2022新作】先行予約2月 ミニマライト リモートコントール ランタン ハンディライト 5050WORKSHOP MINIMALight ミニマライト 2WAY トーチ キャンプ ギア アウトドア 2500mah モバイルバッテリー LED ハンギング 懐中電灯 USB 非常 防災 間接照明 白 暖 電球 ソロキャンプ
価格:3960円(税込、送料別) (2022/2/11時点)

楽天で購入

 

広告
この記事が気に入ったらいいね!しよう!