いちにのきゃんぷ

アウトドア超初心者家族の行ったキャンプ地や使った道具の感想、観光情報、作ったものなど家族で遊べる情報を発信しているサイトです。

こどもと過ごす

GRACO(グレコ)のベビーカーを4年間使い倒してみた

投稿日:2020年5月15日 更新日:

どうも、ヤッピーです。
ムスメが生まれてからずっと愛用していたグレコのベビーカー。
4歳になり、今年の初めころには乗らなく(乗れなく)なりました。
そろそろ頃合いかなと思い処分した、思い出深いベビーカー「CITI ACE」。
もう販売終了品となってしまいましたが、
後継機と言える「CitiLite R UP」も販売されているので
これからベビーカーを買われる方の参考になればと思います。
新生児からの4年間、みっちり使ったレビューです!

まずは基本情報

サイズ:OPEN/W465×D820〜970×H1020、CLOSE/W465×D340×H990(mm)
重さ:5kg
使用月齢:生後1カ月~36カ月(体重約15kg)まで
適用基準/規則:米国安全基準 ASTM準拠
価格:¥28,381(税別・メーカー価格)

CITI ACEってどんなベビーカー?

一言で言うと「重装ハイコスパ」
充実装備と高いコストパフォーマンスが自慢です。

ベビーカーって、生活スタイルによっては使う時間ってかなり短くなります。
我が家は0歳頃から保育園だったので、平日は自転車で送り迎え。
休日に自動車移動後に使ったり、近所のお散歩に使ったりですが
自分で歩くようになるとまた出番が減ることも(イオンなどでは店内で歩けるため)
使う時間は長いかもしれないし、そうでもないかもしれない…
あまり使わないのに高価なオーバースペックなものはいらないと判断し
高コスパ+基本性能しっかりの、CITI ACEを購入しました。

基本スペックをみたところ、現在(2020年5月)に販売されている
「CitiLite R UP」がアップデートされた後継機と言えそうですね。

各社から、軽量・ハイコスパ・生後1ヶ月から使える両対面モデルが
出ていますが、価格差は5,000前後。
更にグレコのモデルは販売店の値引きも期待しやすいのが嬉しい。

「CitiLite R UP」

しかしポイントは「重装」
安心・満足の充実装備と思い出をレビュー
してまいります。

CITI ACEを実際使用してみたレビュー

一番長く使うであろう、基本のスタイル。
デザインも秀逸で、ハイシートなのに低重心に見え、どっしりした安心感があります。
アクセントの色も効いていて、お店で畳んでベビーカー置き場に置いた時でも目立ちます。

対面の時はこんな感じになります。
写真はフラットにした状態。無段階でリクライニング調整可能でした。

折りたたみは片手で。下のポケットが大きく、つい物を放り込んでしまうので
それがつっかえて折りたためないことが多々ありました、、

フードは深くかけられて、寝てしまった時など安心。

フードの前後にはメッシュの窓があり、フルクローズの時にも様子が見えて安心。
フードを閉めたままで手遊びなんかもできるので、夏の移動時などにあれば特に嬉しい機能です。

収納バスケットは巨大でしっかりしているので、ついつい物を入れてしまいます。
スーパーなどでの買い物バスケットも入れられるのが便利。
マイバスケットとの併用が◯ですね。

タイヤは大口径の二輪式。
このタイヤだけが曲者で、スーパーなどのつるつるした床では
グリップに癖があり、移動しにくい事がありました。
軽い状態では普通に動きますが…
ベビーカーを購入される時は、重めの荷物を積んでみて
店内でテストされることをおすすめします。

これが一番うれしかった!足元カバー

グレコならではの機能としてアピールされる事の多い「収納式足カバー」
これが本当に便利!
いろんなシーンでお役立ちな、使える機能でした。

いつもは座席の下に収納されていて、必要な時に出してくるスタイルです。
寒い時の風雪よけにはもちろん、暑い時も日よけに大活躍!
雨の日も嬉しいですね。
押している親はびしょ濡れですが、ベビーカーの中の子どもはフルカバーされます。笑

そして、足カバー+フードを完全に閉めると
ほぼ個室が完成してしまうわけなのですが。

幼児とお出かけすると、いろいろ起こるアクシデント。
少し長いお出かけなどになると、持っていったオムツや着替え
全てを汚して濡らして、着るものが無くなったりありますよね。

たとえオムツひとつになってしまっても、
タオルで巻いたりストールでくるんだりしたのちに
この個室へ入れておけば、ひとまず安心!(まわりの目から)
後は大急ぎで家に帰るのみです。

大容量+便利機能+ハイコスパ!三拍子そろった優秀なヤツ

新生児から4歳まで、みっちり活躍してくれた我が家のCITI ACE。
我が家では約4年間しっかり働いてくれました。
新生児期から15kgまで使える息の長い設計と、そこそこの軽さ、
大容量バスケットと足元カバーという便利機能、価格の手軽さ。

このあたりの性能は、多少のアップデートとともに後継の「CitiLite R UP」に活かされているもよう。
我が家のCITI ACEは、高コスパでガンガン使えた、優秀な子育ての相棒でした!







-こどもと過ごす

執筆者:

関連記事

今こそ!家でじっくり遊んで学ぼう。

どうも、ヤッピーです。 新型コロナの動向で、明日どうなるか分からない不安な毎日。 それでも日々をしっかり送らないといけない訳ですが、大人も子どもも毎日大変。 そこで自宅で出来るおすすめオフライン教材を …

親が楽できる!コロア甲子園のピュアハートキッズランドはかなりオススメ! 平日の混雑状況などリアルに体験してきたレポ。

どんぐり嫁です!阪神甲子園駅前ショッピングセンター「コロワ甲子園」地下1Fに会員制の大型室内遊園地ピュアキッズがあります。 大型の遊具など子供の大好きな遊びがいっぱいつまった遊び場で天候を気にしないで …

寒くてどこも出かけられない!子供と一緒にできる手作りみそを作ってみました。

子供とどこか出かけようにも寒い。結局イオンか。。。でも毎週イオンにも行ってられないよね~マンネリ。そんな時、子供と一緒に作れる味噌づくりはいかがでしょうか?どんぐり嫁です。手前味噌ですが。。。の表現に …

【番外編】3歳児と一緒に札幌~帯広の旅 旅の予約と準備したものGW服装など

今年は初の10連休。我が家は1月から準備や予約をしました。 北海道には何度か行ったことがあるのですが、子連れでの旅行は初めて。 子供が飛行機や長距離旅行に耐えられるか?どこだったら楽しめるのか? 北海 …

動画で紹介!DODのワンポールテントT5-47-BGを立ててみた

どうも、ヤッピーです。 我が家の愛用テントはDODのワンポールテント T5-47-BG。 記事の注目度も高く、テントに人気がうかがえます。 今回はワンポールテントの設営を30秒ほどの動画にしてみました …

30代クリエイター夫婦と4歳の娘とで2018年夏キャンプデビュー!DOD(ディーオーディー)のテントを2019年春に購入。初心者キャンパーがキャンプの準備から実際に行って体験したこと道具やキャンプ飯などキャンプにまつわる工夫などを紹介しています。
詳しいプロフィールはこちら→
 Instagramはこちら→