いちにのきゃんぷ

アウトドア超初心者家族の行ったキャンプ地や使った道具の感想、観光情報、作ったものなど家族で遊べる情報を発信しているサイトです。

キャンプ

(新田ふるさと村1)山と川を満喫!新田ふるさと村行ってきました

投稿日:2018年12月18日 更新日:

こんにちは、ヤッピーです。
12月も中頃になり、キャンプ場もお休みが増えてくるオフシーズンですね。
そこで今回は、10月に行ってきた兵庫県神河町の「新田ふるさと村」のキャンプの紹介です。

山と川に囲まれた、のどかなキャンプ場、新田ふるさと村

新田ふるさと村は、兵庫県のほぼ中央、神崎郡神河町にあります。
大阪からだと車で中国自動車道で約2時間というところ。
神河町はその8割を山林が占め、小田原川、市川、越知川などの河川が流れる森と川の町。
その北部に新田ふるさと村のキャンプ場はあります。
高速道路を降りてのどかな田舎道を進んでゆくと、だんだん森の中に入って行きます。
町暮らしの我が家なので、どっしりした森の中の道を入っていくのは非日常感もあって、キャンプな雰囲気が盛り上がります!

買い出しは生鮮パワー神崎店 銀ビルストアがふるさと新田村に行く途中にあります。
ここが一番近いスーパーですが、ふるさと新田村までは車で30分くらいかかるのでこちらで買い出しをするのがオススメです。
焼肉セットのようなセットでの販売商品もあってキャンプ用のお肉も充実してます。
ここから一部細い道があったりするので注意しながら進みますが、随所に案内看板があるので迷わず行けるはず。周囲の自然を目で楽しみながら、ゆっくり参りましょう。

ログコテージや杉ん子キャビンオートサイトなど用途や人数によって選べる宿泊施設や充実したアクティビティもあり

新田ふるさと村はキャンプやコテージなどの宿泊施設やお山の大将広場というアクティビティがある総合アウトドア施設になっています。こちらのふるさと村を利用の場合には(施設使用料別途必要)大人 1人300円、子供(3歳以上小学生) 1人200円かかります。

設備
○ログコテージ5棟
○杉ん子キャビン10棟
○オートサイト天の川15サイト
○オートフリーサイト25張
○お山のテントサイト15張
○温水シャワー(3分200円)
トイレは中央管理センターのほか、各所にあります。

随所に、炊事場、水場があり、混雑することはなさそうです。お湯はでません。どの設備も古さは感じますが、清潔に保たれています。


炊事場、流し、カマドはオートフリーサイトとキャビンエリアの間にありました。

トイレもその付近に、キャンプ場としては十分なものがあります。夜間は近づくと電気がつく仕組み、こちらも清潔で怖さはありません(笑)

温水のシャワー室もあるので安心して水遊びができます。
全てが最新・流行の設備ではないですが、どれもがきっちりと手入れ、管理されていて気持ちよく使えました。経年変化がいい味を出していて、学生の頃行く林間学校のキャンプを彷彿とさせます。

キャンプ・BBQサイト
○「越知川」サイト(本格屋根付)
○「川沿い」サイト(タープ屋根)
○「グランド]サイト

かなり広めのスペースのBBQ専用サイトは本格屋根付きなので突然の雨にも、夏の強い日差しも防ぐことができそうでした。炭火対応、水場も近いので使いやすくデイキャンプや宿泊もできます。

 

 

杉ん子キャビンの近くには遊具も少しあります。

すぐ横は川が流れているので、小さなお子さんからは目を離さないように気をつけないといけません。

アクティビティ
○芝すべり
○水のすべり台
○ターザンロープ
○ぶらんこ
○杉ん子とりで(アスレチック)
などがあり、芝すべりは有料・20分300円。
その他、あまごつかみ(要予約)や渓流釣りがあります。


全体MAP。自然に囲まれた標高500mのキャンプ場、新田ふるさと村。
区画無しのオートフリーサイトに電源、個別シンク付きのオートサイト天の川、
山の上のテントサイトとキャビンと、楽しみ方のいっぱいあるキャンプ場です。
今回はキャビンでしたが、次回はテント泊で訪れたい!

お山の大将広場というアクティビティが歩いて行ける距離にあり、ブランコやターザンロープがあったり夏は水遊び!ができるエリアがあります。
我が家が行った時は前日が雨天だったので滑りませんでしたが巨大な芝滑りがあり、子供が1日中遊べそうでした。

ターザンロープが楽しい。

巨大な芝滑りは圧巻です!行った当日は濡れていたので滑らず・・滑りたかった。。。

水の滑り台エリア。夏は飛び込んだら気持ち良さそうです。

他にもキャンプ場内にはめずらしい和食が味わえる食事処があります。

また、キャンプ場内には食事処 千ヶ峰があります。前下鴨茶寮料理長 藤原昭人氏 監修・指導メニューとのことなので、かなり気になっていたものの、宿泊日はBBQをしたかったので未利用。公式BLOGの写真にありますが、キャンプ場とは思えない和食が味わえそうなので、グランピング気分の時には、こちらで食事をするものイイですね!

「ちょうどいい」自然体験がある、新田ふるさと村温泉や冷暖房、電源完備のアウトドアはもちろん快適!

けれど、せっかく自然の中に入っていくなら、もう少し自然を感じたい。というか、こんなに便利なのってなんだか?
そんな、快適アウトドアにちょっと疑問を持つ人にぴったりの場所、新田ふるさと村。必要以上な便利さは無いけれど、必要な設備はあり。手入れもしっかりされているので安心。周りを四方を山に囲まれたロケーションはほどよく外界から遮断されているので、ここで過ごすキャンプは、より自然を感じられる気がします。
快適過ぎない、でもそんなに不便じゃない。子供が喜ぶ遊具やアクティビティ、水遊びができるエリアなど子連れには嬉しい施設が揃っているので1日中飽きることなく遊べます。設備や町からの距離、値段など、アクティビティまでの距離感、どれもがバランスのとれた「ちょうどいい」キャンプ場だと思います。

 

周辺のおすすめスポット

・神崎農村公園ヨーデルの森
自然の中にある体験型テーマパーク。イベントも多く、食やクラフト体験が出来ます。
アルパカに会いに行こう!

・銀ビル
播但道 神崎南ランプを降りた近くにある地元スーパー。地元ならではのローカル食材が見つかるかも。



・マイスター工房 八千代
ちょっと足を伸ばして多可町へ行くとあるのがこちら。
メディアでも取り上げられる事の多い「田舎のコンビニ」
手作り味噌などの食材などがありますが、なんといっても名物の巻寿司「天船巻き寿司」は
午前中には売り切れ必至の人気商品。
しっかり濃い味の具材と大きいキュウリの組み合わせが癖になります。
運が良ければ大福餅や押寿司など、レアな美味しいものも買えるかも!?
喫茶のランチもおすすめです。
兵庫県多可郡多可町八千代区中村46-1

いかがでしたでしょうか。
自然いっぱいの新田ふるさと村は、周辺にも魅力的なスポットがいっぱい。
おすすめのスポットです!

新田ふるさと村
受付時間/ 9:00 ~ 17:00(4〜11月)〜16:30(12〜3月)
入村料/ 大人¥300、子ども¥200
キャビン利用料/ ¥7000(5人定員、駐車1台含)
フリーサイト1張り¥2000〜
住所/ 兵庫県神崎郡神河町新田340-1

※ペット不可
※情報は2018年12月現在のものです

 







-キャンプ

執筆者:

関連記事

キャンプレポ!小川あり、遊具ありこじんまりした丹波篠山渓谷の森公園にいってきた

こんにちわどんぐり嫁です。 天気予報は晴れとなっていましたが、まだまだ寒い3月下旬。 とうとうテントを買った我が家、どうしてもテントを張って全貌をみてみたい。 丹波篠山渓谷の森公園でデイキャンプに行っ …

きゃんぷ初心者がタープも検討・購入・使用してみた話

まいど、やっぴーです。 先日はテントを検討したお話でしたが、今回はタープ。 テントを買うときに、やっぱりこれも必要だろうという事で、一緒に検討してみました。 目次 ・タープを買うときのポイント ・検討 …

アウトドア初心者家族が行く!丹波のキャンプリゾート 森のひととき(1)

はじめましてヤッピーです。 娘2歳ではじめて家族で行ったキャンプでハマってキャンプブログを作ってみました。 こちらでは、そのキャンプに行くにあたって購入したもの、工夫したこと、 関西近辺のキャンプ場情 …

あけましておめでとうございます! 今年初投稿は、物欲大炎上アイテムをご紹介。

どうも、ヤッピーです。 本年もよろしくお願いいたします。 とんど焼きも終わり、新年気分もひと段落。 ですが冬なので、すっかりキャンプもお休みな我が家。 冬キャン行かれてる方のインスタなどを見ながら い …

2018年 キャンプに欠かせない!クーラーボックス検討してみた ハードクーラー編

本格的にアウトドアを始めるにあたって、色々な道具が必要になってきます。 イチから道具を揃える訳ですが、収納の限られた我が家。 無駄な買い物にならないよう、我が家のアウトドアライフの方向性を考えながら …

新着記事