一生モノを育てる楽しみ。「FIRESIDE コッパーシェラカップ」レビュー!

どうも、ヤッピーです。
秋も深まってきて、ついこの前まで暑さとの戦いだったキャンプが嘘のよう。キャンプ場の混雑も和らいできて、ゆったりまったり過ごせるようになってきましたね。
今回のレビューは焚き火フリークに大人気なFIRESIDEのコッパーシェラカップです。見た目がとにかく素敵なシェラカップですが、お値段はやや高め。その価値はあるのか?それではどうぞ!

開封!FIRESIDE コッパーシェラカップ


という訳で到着したFIRESIDE コッパーシェラカップ。300ml、400ml、500mlと3種の容量がありますが、今回は真ん中の400mlを購入。5,544円でした。


長野県からのお届けですが、製造は新潟県長岡市・燕市。


それでは開封!パカリ


中身は本体と説明書が。外箱や説明書もオシャレ!


説明書には取り扱いの方法や経年変化の事が書いてあります


包装されたシェラカップを…


開封!


光り輝く銅のシェラカップのお出ましです。

「ただただ美しい」伝統技法の輝き


FIRESIDE コッパーシェラカップは「へら絞り」という伝統技法で作られています。回転する金属板に棒をあてて、徐々に曲げて器にしていく職人技。プレス技法よりも強度が上がるのが特徴です。
このシェラカップはそんな技法で作られ、外側は無垢の銅、内側は錫(すず)でめっきされれています。日本の金属加工の伝統技法の塊みたいなシェラカップですね。


金色の持ち手は真鍮製で「FIRESIDE」のマークが。


裏側にはシリーズ名の「GRANDMA’S」のアイコンとロゴが。加工が細かいです。


持つと「かちっ」とした印象。分厚くごつい訳ではないのに、すごく強度がある感じが伝わります。


白い背景の場所でも。400mlサイズですが、口が広く浅めのデザインなのでふくよかなボリュームを感じます。


持ち手は平たく、2箇所で支える形なのでたくさん入れて重くなっても指に食い込みにくく支えやすい仕様ですね。

よい器は入れたものが美味しくなる


キャンプデビューはランチに!メスティンだけで作る豚丼を載せました。味玉はコンビニで!
カップに存在感があるので、それだけで映えます。おいしそう!


内側は錫加工されているので錆びにくく、酸にも強いので色々な食材を入れても安心です。

一緒に成長する、一生モノのキャンプギア


金属加工の街・新潟県長岡市・燕市で作られる「FIRESIDE コッパーシェラカップ」。お値段はシェラカップとしては5000円以上と高めですが、日々の使用や毎回のキャンプごとに育っていく経年変化が楽しめるのは、他にない大きな魅力!使い勝手としては、コーヒーなどを飲むには口が広いのでやや使いにくく、スープやご飯などボリュームのあるものを食べたり飲んだりするのに向いている印象。大切に使い、アウトドア・キャンプの一生の相棒としたいアイテムです。
FIRESIDEコッパーシェラカップは、変化と成長を楽しめる、プライスレスな魅力溢れるキャンプギアでした!

気になった方は下記からどうぞ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コッパーシェラカップ400 90026 アウトドア キャンプ ファイヤーサイド 送料無料
価格:5544円(税込、送料無料) (2020/10/31時点)

楽天で購入

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう!