想像以上の良品!アルパインデザイン OUTDOOR STAND

どうも、ヤッピーです。
先日はユニフレームのフィールドラックをレビューしました。
定番品を買ってみるとやりたくなる比較レビュー。
ユニフレームのラックは良品ですが、もう少し値段が手頃だったらな〜とも思うので、割安なものを探してみました。候補になったのは…

・アルパインデザイン OUTDOOR STAD
・キャンピングムーン フィールドラック

迷いましたが、信頼度が高そうなスポーツオーソリティのPB商品、アルパインデザインのOUTDOOR STANDにしました!」
では早速レビューです。

開封!アルパインデザインOUTDOOR STAND

基本仕様
●使用時サイズ約幅65×奥行き35×高さ23cm
●収納時サイズ約幅65×奥行き35×高さ5cm
●分散耐荷重:約30Kg
●材質:スチール


アルパインデザインOUTDOOR STAND、台湾製で¥3,289です。
純正オプションはテーブルのみ。
 

では開封!
 

パッケージの紙はテープ留め
 

脚も結束バンドで止めてありました

ちょっと違うのがイイ!細部を紹介


という訳で出してみました。塗装はユニフレームと同じブラックの半ツヤ塗装
こちらは全て丸棒のオーソドックスなメッシュ。
重くて大きな荷物を載せるにはユニフレームの平板の方が安心感がありますが、丸棒の方が水はけがよく食器などを置いて乾かすのに向いてそう。
 

周囲のフレームは少し太め。こちらはロゴ入り
 

畳んだ状態。ユニフレームよりも脚が目立ちますね
サイズも幅が5cm長いです。
 

畳んだ状態はユニフレームほどフラットになりません。

安心ラクラク!組み立てやすさが神


では組み立てを。脚がストッパーでとまっているので
 

横にずらします。
 

脚を立ち上げて、ストッパーに…
 

カチリ。らくらく完成。
 

性能はユニフレーム同様、耐荷重30kg。
左右両方の脚を同時に動かしますが、かるーーく動きます。
ユニフレームはツメの固定にけっこう力がいり、女性や子どもだとケガが心配ですがこれはその心配なし。らくらくです。

まとめ:収納時の厚さが気になるものの、良品!

ユニフレームのフィールドラックとの大きな違いは「組み立てのラクさ」
ストッパーから外すだけ、動きも軽いので女性や子どもには特に安心!
「これ組み立てておいて〜」とか、安心して任せられます。
キャンプ場に着いた途端、指を挟んで怪我…なんていやですものね。
 

幅が5cm長いのもわずかな差ですけれど、使える面が広くなり◎です。
THORのラージトートを置いても少し余裕が。

収納時にフラットにならないのでクルマに積む時などはユニフレームに比べて不便ですが、逆に言うと気になる部分はそれだけ。
見た目はほぼ同じ、価格が安いのまあそれなりのものかな…と思っていましたが、使ってみたらこちらも使い勝手をしっかり考えられた良品でした。甘くみてごめんなさいです。

ポイントは

・ユニフレームよりも3割ほど安価
・5cmスペースが長い
・組み立てに力がいらずラクで、怪我の心配も少ない

使い勝手もしっかり考えられたアルパインデザインOUTDOOR STANDは、高コスパでファミリー向けの良品フィールドラックでした!
 
では今回の一句
個性ある ものは良品 よきアイテム
※似たような見た目だからこそ個性が際立ちますね
最後まで見ていただきありがとうございました!
あなたの次のキャンプが、素敵に楽しいものとなりますように!