いちにのきゃんぷ

アウトドア超初心者家族の行ったキャンプ地や使った道具の感想、観光情報、作ったものなど家族で遊べる情報を発信しているサイトです。

WEB関連

WEBデザイナーでも落ちるgoogleアドセンスの審査! 2019年9月googleアドセンスに通るまでやったこと10個。

投稿日:

こんにちわ。今回はきゃんぷとは少し違いますがGoogleアドセンスの審査に通るまでの記事です。私は審査になかなか通らず、本当に困っていろんな記事を参考にさせていただいたりフォーラムに助けてもらったりして試行錯誤したので誰かのお役に立てれば幸いです。時間のない方はまとめのGoogleアドセンス審査に通るまでやったこと10個からごらんください。少し長いですがどうぞ!

デザインや見え方が綺麗コンテンツがしっかりかけていても審査には落ちた!


せっかくブログを書くならGoogle Adsenceには通したいと思い始めたのが去年の12月。
そしてやっと通ったのが今年の8月。なんと通すまでに8ヶ月近くもかかってしまった私の体験談です。仕事柄WEB制作をしているのでどちらかというとこの手の審査なんて簡単に通るっしょ!とタカをくくっていました。写真も自分たちで撮影して加工もばっちり、ワードプレスも見やすいしSEOにも特化しているというSTHINGER 8テンプレートを使用。プロフィールページ、プライバシーポリシーもバッチリ作りました。

審査に通すまでにやったこと

・10記事程度1記事のテキスト1000以上2000文字未満
・プロフィールページ、プライバシーポリシーページ作成
・SEOに強いSTHINGER 8テンプレートでブログ作成

イラストをいれたり、文節ごとのデザインもバッチリ!
一般的にはみやすく綺麗なブログが出来たと自負していたのですが、
審査を通すも2日後に、このような箇所を修正してくださいという通知が!!

理由
=============

• 価値の低い広告枠(コンテンツのないサイト)について

AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、ユーザーにとって価値がほとんどないページや広告の比率が高すぎるページには、修正が行われるまで Google 広告が表示されません。これには、広告配信専用ページやコンテンツのないページが含まれます。
• 価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)について

AdSense 広告を表示するサイトでは、ユーザーにとって価値のある情報を掲載することが重要です。それには、ユーザーの関心に沿ったオリジナルなコンテンツを提供し、自動生成されたページやオリジナル コンテンツのほとんどない不適切なページを使用しないようにします。こうした不適切なページには次が含まれますが、これらに限定されません。
◦ 別の情報源からテキスト コンテンツをコピーしたページ
◦ 別のサイトでホストされている動画を埋め込んだだけのページで成り立つサイト
◦ 情報としての価値がないコンテンツや自動生成されたと考えられる意味不明なコンテンツを含むサイト
◦ 重複コンテンツを掲載するテンプレート サイトなどの既製のウェブサイト
=============

価値の低い広告枠!ユーザーにとって価値がほとんどないページの内容にショック!涙が滲みそうに!

1記事書くのに毎度2.3時間を費やし、写真も撮影。自分たちで、現地に赴き、何度も書き直し、構成しなおしたり、ライターさんにみてもらったりユーザーにわかりやすい記事を考えて書いているつもりなのにユーザーにとって価値がほとんどない!とかコピーしただけのページのテキストにはショックでした。(まー自動的に吐き出している文言でしょうが。。。)
写真も自分たちで撮影したものしかいれないなど記事の内容はわかりにくくなるかと思いましたがこれがコピーしているものとか判断されたのか?

審査に通すまでにやったこと
・外部ページへのキャンプ場のホームページのリンクなどを消去
・自分たちで撮影した写真しか使用しない

2回目の審査でその日のうちに審査に落ちた。
とりあえずGoogleのAd Senceのフォーラムに相談!自分が思った以上にネットの住民は優しかった。

理由
• 価値の低い広告枠(コンテンツのないサイト)について
• 価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)について

とりあえず、再審査を何回出してもブログには影響しないということなので当たって砕けろの精神でやってみました!がまたも審査に落ちた。
もーどうしたらいいの!と思いつつ、どーせ何のアドバイスもないだろうなあ。と思いながら駄目もとで
Adsenseのヘルプフォーラム
に書き込んでみました。すると2時間もしないうちに回答が2.3人から頂けました!
こんな見ず知らずの人にアドバイスをしていただけるなんて涙が出そうに嬉しかったです。フォーラムから得られた回答は以下のようなものでした。

・自分たちで撮影した以外の外部のホームページから取ってきている写真などは引用とわかるようにきちんと差別化した方がいいのでは?
・記事はしっかり書けているので、単純に記事数が足りないのでは?20~30記事ぐらい必要。

という回答を頂けました。
10記事でも受かったという人もいたのでしっかり自分はテキスト量もあるし大丈夫と思っていましたが、記事数を指摘されたのでやっぱり記事を増やしていくのが先決だなあと思いました。でも記事はしっかりかけていると誰から言われたことはとても嬉しくて頑張ろう!という気持ちになりました。
写真はどうしても内容を伝えるにあたり自分で撮影できないところはサイトから引用していたりもしたので、そこははっきりと差別化するようにしました。審査に落ちると、結構メンタルが落ち込むのでフォーラムをみて同じように困っている人の例をみるのは勉強になります。

とりあえず、審査に受かった人のブログをみて意味ある意味ない関わらず片っぱしから実践してみました。

審査に通すまでにやったこと

・カテゴリーを細かく分けすぎない、1カテゴリーの記事に10件以上はいれる。
・長い記事を1.2.3と分けて内容を膨らませて、記事数を増やす。
・2.3行の説明だったプロフィールのページのテキストを増やし、自分たちの紹介をより詳しく書く。
・買った商品、これから買いたい商品などをまとめただけの記事、楽天へのリンクや楽天の商品の画像を使った記事などは消去。
・ちょっとでも引用と思えるところはを使用して引用と記事の境をわかりやすくする。
・10記事から20記事に記事を増やした。(1ヶ月に2.3記事のペース)
・サーチコンソールでサイトマップ送信

3回目またしても審査に落ちる!少し記事を増やして4回目の審査を出すも結局ほぼ同じ理由で審査に落ちる。

理由
価値の低い広告枠(コンテンツのないサイト)について
価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)について

これは困った。もう理由がわからない。おそらく記事数が足りないのだろうという判断のもと、あまりノウハウは調べず、いつか受かるだろうと自分のペースでやることに。審査に向き合う気力といろいろ仕事が忙しいのも重なりそこから次の審査に出すまで6ヶ月くらい間が空いていたと思います。

審査に通すまでにやったこと

・地道に記事を書く。1ヶ月に1.2個の超ゆるゆるペース。月0記事という時もあり。
・実際に行ったキャンプだけでは記事が増えないのでお出かけ情報や便利グッツなどの記事を増やした。
・googleの審査のことは忘れ、自分が伝えたいこと、載せた方がわかりやすいなと思うことはあまりこだわらず外部リンクとか気にせずバンバン載せる。ただし引用部分はわかりやすくする。

5回目忘れた頃に、どうせまた落ちるだろうと半分諦めの境地で審査に出すとみごと審査に通りました!

審査に通すまでにやったこと

・4回目の審査に落ちてからやったことといえば20記事→30記事に増やした。

実際私が、Googleアドセンス審査に通るまでやったこと10個 まとめ

審査に通すまでにやったことまとめ

・カテゴリーを細かく分けすぎない、1カテゴリーの記事に10件以上はいれる。
・プロフィールのページのテキストを増やし、自分たちの紹介をより詳しく書く。
・買った商品、これから買いたい商品などをまとめただけの記事、楽天へのリンクや楽天の商品の画像を使った記事などは非公開に。
・ちょっとでも引用と思えるところはを引用blockquoteを使用して引用と記事の境をわかりやすくする。
・記事数は30記事くらい。
・自分たちで撮影した以外の外部のホームページから取ってきている写真などは引用とわかるようにきちんと差別化。
・サーチコンソールでサイトマップ送信。
・少しくらいテーマと外れても記事数を増やす方が大事。
・困ったらAdsenseのヘルプフォーラムに相談するとアドバイスが意外ともらえたりします!
・しばらく放置して何も考えず自分のペースでのろのろ続ける
審査に通るためにやってみてあまり関係なかったこと。
・素材画像を使わない。
・外部リンクを貼らない。
・頻繁に更新する。

効果があったのかなかったのかは実際はあいまいなところもあるかもしれませんが、
これで私はやっと審査に通ったので誰かのお役にたてば幸いです!
審査に落ちた時はクッソー!なぜ毎回落ちるんだ!!っと思っていましたが落ちたからこそ審査に通った時は喜びもひとしおです。
最後まで読んでくれてありがとうございました。







-WEB関連

執筆者:

新着記事