いちにのきゃんぷ

アウトドア超初心者家族の行ったキャンプ地や使った道具の感想、観光情報、作ったものなど家族で遊べる情報を発信しているサイトです。

キャンプ こどもと過ごす 観光・レジャー

キャンプレポ!小川あり、遊具ありこじんまりした丹波篠山渓谷の森公園にいってきた

投稿日:2019年3月27日 更新日:

こんにちわどんぐり嫁です。
天気予報は晴れとなっていましたが、まだまだ寒い3月下旬。
とうとうテントを買った我が家、どうしてもテントを張って全貌をみてみたい。
丹波篠山渓谷の森公園でデイキャンプに行ってきました。丹波篠山となっておりますが、どちらかというと猪名川町に近いキャンプ場でした。

全体的にこじんまりとしているが清潔感がありきれい。小さいながらもしっかり自然には触れ合えます。

丹波篠山渓谷の森公園には、
・お食事処 売店 管理棟内に併設
・コテージ【7棟】
・高低差で区切られているオートキャンプ場【24サイト】
・バーベキューハウス【12卓】
・ディキャンプ【5サイト】

用途によって様々な施設が利用できます。公園内は3歳児の足でもぐるりと散策することができるので、そんなに全体は広くないと思います。園内には小さい川や鯉のいる池などがあり栗園もあります。(※時期によっては栗拾いもできるようです!)
こちらは、キャンプ等をしなくても公園の入園料が大人300円子供が200円(4歳以上中学生以下)かかります。

入園の証拠?にシールを服に貼ります。なかなか丈夫な素材で地味にデザインかわゆいのでテンション上がります。

サイト内に、栗拾いができる公園があります。
先着順で整理券が必要ですが、有名な丹波栗が1キロ1,300円(一人分の入園料込み/同行者は別途入園料が必要)で栗拾いができます。子供たちにとっては、栗が木になっていて、木から落ちたトゲトゲの殻から栗を取り出して拾うという貴重な経験が出来ました。(写真の緑色の籠で、約500gです。拾い終わった後、1キロを超えた分は100g/100円となります。)
https://www.nap-camp.com/hyogo/12938/review_dtl/?usr_review_id=12685
引用元より

ロープウェイのアスレチック、動物型の遊具、ボルダリングジムがあるくらいでそんなに多くはありませんが、広い芝生広場や小さな川があったりするので、子供にとっては木々や落ち葉を拾って自然と遊べます。

掃除が行き届いて綺麗。赤ちゃんのオムツ替えスペースあり、子連れには優しい設備があるのでいざという時に安心。

当日はめちゃめちゃ寒かったので、管理棟内の休憩スペースでコーヒーを飲んだりして何度か暖をとることができたのは助かりました。管理棟内にはお食事処・売店があります。これは珍しいのでは?きつねうどんやカレーなどが食べられます。
少しですがラムネなどのお菓子、地元の特産品土産もあり、キャンプで一泊した後、昼ごはんをここで食べて帰るのもいいのでは。障害者用のトイレとは別に赤ちゃんのオムツ替えスペースの部屋が設けられており、安心してオムツ替えもできました。おしりふきもご自由にどうぞの心遣いもありがたい!小さいことかもしれませんがこういうの嬉しい。
スタッフの方も丁寧で、なんだか親戚の家に来たようなほっこり感があります。
火ばさみを忘れてしまい、管理棟に借りに行ったのですが、値段設定してないから無料で貸してくれました。お風呂は、宿泊者のみの提供のようですが、女湯、男湯とわかれており、大人300円、子供200円ではいれます。コインシャワーでは疲れが取れにくいのでお風呂があるキャンプ場は高感度高し!

私たちが実際テントを張ったデイキャンプのサイトは使いやすいのか使いにくいのか??

車を停めるところとテントを張るところが分かれており、隣接するサイトと区切られ易くわかりやすいのですが、高低差があるので、荷物を移動させたりするのが若干めんどうでした。子供も転がり落ちるのでは?と目が離せないというのもあります。サイト前は、道路なので、景色を楽しむというのはそこまで期待できないかもです。ただバーベキューをワイワイ楽しむ、我が家のようにテントを張ってみたいなどのニーズには良いと思います。サイト内はゴロゴロした石もなく芝が全体的にふわふわで綺麗。テント等は貼りやすかったです。

広さはタープとテントで結構いっぱいいっぱいでしょうか。ただ、デイキャンプなのでテントは張る必要はあまりないのですけどね。。。
サイト内には水場も設置されているので、わざわざ水を組みに行く必要もなく快適。
デイキャンプのサイトは5つありますが、当日は我が家だけが使用しており、他の4つは空いてました。広さにより料金は1030円~2050円で変わるようですが我が家のAサイトは2050円でした!

コテージとバーベキューハウスがあります

キャンプサイトだけではなく、コテージやバーベキューハウスもあります。
キャンプサイト、バーベキューハウスは11月中旬~3月中旬まで閉鎖していますが、コテージは年中やっているようです。お散歩しながらコテージものぞいてみましたが、立派で、別荘地に来たというようなイメージ。座布団も干されていたりして衛生面もしっかりしてそうでした。冬、雪の中、あったかいコテージで過ごすのもとっても素敵だろうなあ、泊まってみたいなあと思いました。1棟1泊 19150円(5人)なので、一人当たりで割るとそんなに高くない割に設備はしっかりしてそうです。我々がデイキャンプに行った時も何組か泊まられているようでした。確かに寒かったのでまだまだテント泊は暖房なしでは少し厳しそう。コテージ泊ならその辺も安心。

オートキャンプ場の一角にバーベキューハウスもあり、気軽にバーベキューすることができるスペースもあります。屋根付きなので、多少の小雨は大丈夫ですし、食材を持ち込めば、気軽にキャンプ気分を味えるのも楽しそうです。キャンプ場の様子見がてらまずはバーベキューというのも良さそう!

区画が高低差で区切られているオートキャンプ場。

それぞれの区画が高低差で区切られているのが幸いしているので、隣があまり気になりにくいというのは良さそう。中心部に、炊事場等が集合しているので、どのサイトからもあまりに遠いということがなく、使いやすそうです。木々が茂っている、日陰部分があるサイトが結構あったので、真夏でも涼しいのでは。少し広めのサイト、隣と隣接していないサイトがあり、おそらく他のサイトよりも少し高めだと思いますが、どうせ宿泊するなら12番と8番もしくは、奥の19.18.17.15.16.ここがいいかなあ。

電源もあります。祀られているみたいで、子供がお供えしてました。

みなさん綺麗に使っているのか炊事場も綺麗でピカピカでした。(※もしくはスタッフの方が綺麗にしてくれているのかもしれませんが。。。)


オートキャンプサイトにもトイレがあります。

近隣のおでかけスポット!OKUINA 健康の郷と道の駅いながわのそばが美味しかった

奥猪名健康の郷

我が家は帰りにOKUINA 健康の郷によって日帰り入浴をして帰りました。丹波篠山溪谷の森公園からは車で10分もかからないでいけます。芯から冷え切っていたのであったかいお湯がとても気持ちよかったです。雰囲気はスーバー銭湯と町の銭湯を足して2で割ったような感じでそんなに広くはありません。ただ、入浴利用料が大人200円子供100円という破格の安さには驚きました!お湯も温泉とは違うようなのですが冷鉱泉というものらしく筋肉痛や冷え性にも効能があるようです。

奥猪名健康の郷
奥猪名健康の郷には、筋肉痛・関節痛ほか多数の効能が期待できる「鉱泉浴室」があり、日帰り入浴もお楽しみいただけます。
施設内に湧き出る冷鉱泉は地元の人にも愛されています。
http://www.okuina.com/guide01.html
引用元より

道の駅いながわ

猪名川町産農産物の直売所で、野菜やパン、お餅やそばなどが販売されておりました。
時間の関係で、デイキャン終わり16時くらいの来店だったので、ほとんどの商品が売れてました。併設している杵付きもち販売所も閉店しており残念。ただ、中でおそらくこちらの餅だろうよもぎ餅が売ってあったので買ってみましたが確かに美味しい!ただ、朝9時ごろは車がいっぱいでしたので地元の人には人気の道の駅のようです。キャンプで使う材料を買うならここがオススメです!ここら辺からもう少し進むと山間になるのであまりお店がなくなってきます。

まとめとアクセス

丹波篠山溪谷の森公園

◾️URL: http://www.eonet.ne.jp/~keikokunomori/

こじんまりとした中にも必要な設備が過不足なくあるので、子連れには安心して遊べるし、良い意味で整い過ぎてないほっこり感のあるキャンプ場で我が家は大満足です!利用者も小さい子供の家族づれが多く、我が家にはぴったりだと思いましたのでリピ決定です。川西能勢口駅から車で50分という立地で、道も迷わず行けました。

Googleマップタグ!

Googleマップタグ!







-キャンプ, こどもと過ごす, 観光・レジャー

執筆者:

関連記事

【番外編】十勝・帯広1日目 子連れだけでなく大人も楽しめるおすすめスポット「千年の森」やモール温泉にいってきた。

札幌・登別・小樽・富良野・旭川・函館などに今まで行ってみましたが、十勝・帯広は私たちが想像していた以上に素敵で、ここに永住したいと思ったほど素晴らしいところでした。 どこかのんびりとしていて素朴なとこ …

大人のキャンプ場、杜のテラスの夜はライトアップがオシャレで素敵だった。

こんにちは、ヤッピーです。 すっかり冬にり、夜の長い季節になりました。 キャンプに行っても、夜どう過ごすかは重要ポイント。 上質な夜時間といえば思い出すのが能勢のキャンプ場「杜のテラス」ですね。 今回 …

きゃんぷ初心者がタープも検討・購入・使用してみた話

まいど、やっぴーです。 先日はテントを検討したお話でしたが、今回はタープ。 テントを買うときに、やっぱりこれも必要だろうという事で、一緒に検討してみました。 目次 ・タープを買うときのポイント ・検討 …

初めての子連れキャンプにはかなりオススメ 丹波のキャンプリゾート 森のひととき(3)

次の日の朝食はモーニングビュッフェ利用でゆっくりできて満足度も高かった! 森のひとときHPより参照 次の日の朝。 こちらは朝食として、ビュッフェが利用できます(事前予約制) 丹波の新鮮野菜が気になった …

2018年 キャンプに欠かせない!クーラーボックス検討してみた ハードクーラー編

本格的にアウトドアを始めるにあたって、色々な道具が必要になってきます。 イチから道具を揃える訳ですが、収納の限られた我が家。 無駄な買い物にならないよう、我が家のアウトドアライフの方向性を考えながら …

新着記事